ドイツ・スイス列車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

3日目 その4 アイプ湖 ボートは楽しいな!の巻

無事、入場ゲートの「一枠2人入り」で、下山できた私達。

登山電車を途中下車して、「アイプ湖」へ。


ここで、リッチドル袋( ゚3゚)ノ(白-薄い背景用) †SbWebs†セレブキラキラYな私達。
ボートをチャーターすることにしているの。




さて、ボートに乗ってクルーズ開始。
本当に素敵な景色にうっとりくり抜きハート1

2009082094.jpg


このボートは旦那と二人だけでチャーターしているの。
だって私達はキラキラYセレブキラキラYキラキラYだもの・・・・。















こぐ旦那


あらっ、カメラカメラの手がぶれて余計なところが写ってしまったわ汗


・・・・。

バレてしまったようね・・・・・・。がっくり


どうせ、私ら貧乏人は、30分4ユーロ手漕ぎボート位しか借りれませんよ怒り
(逆切れ)


しかし、ボロに乗ってても、心は(にしき)


素晴らしい景色中、透明度抜群の水面を、滑るようにボートを自由自在に操る私達。

手漕ぎボートは本当に操作が難しいのよ。
(方向転換などはオールの操作で行うので)

この巧みにボートを操る東洋人に、ドイツ人Deutschlandもびっくりびっくりのはず!!

天国のお父さんjumee☆wing2b、お母さんjumee☆wing2p(まだ生きてるし手書き風シリーズ汗1)、私はこの日のために
日本の釣場でボートをこぐ練習をしてたんです。
やっと日の目をみることができました(←馬鹿)

今日から私達アイプ湖の白鳥と呼ばれることとなりました!!(大うそ)



透明度抜群

↑水深は軽く10メートル以上はあるのに、底まで見えてます。


はぁぁ
それにしても透明な湖と、それを囲む山々の素晴らしい景色に言葉を失うくらい。


アイプ湖からのながめ


ボートを返す時間になったので、船付場へ戻る。
(いきなり現実に戻る・・・。


そうすると、なんか人が一杯。

足こぎボートの列

実はこの人たちは「足漕ぎボート(スワン白鳥のやつ)」待ちの人たち。

手漕ぎボートはたくさん余っているのだけど、
やはり操作のしやすい足漕ぎボートの方が人気で、
スワンちゃん白鳥の戻りを待ってるみたい。


足漕ぎより、手漕ぎの方が料金も安いし、なんたって水面から近いので
とても気持ちいいのに♪と思いつつその場を離れる。


登山電車に乗って、国鉄の駅「ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen)駅」へ戻る事に。
(当然、また登山電車に乗るために、再度「一枠2人入り」もした汗


車窓からの眺めsita
車窓からの眺め

車窓からの眺め


ガルミッシュ・パルテンキルヒェン(Garmisch-Partenkirchen)駅」についてからは、国鉄なので「バイエルンチケット」で乗ることが出来るので、危険なマネはもうしなくてもよい。


ミュンヘンまでの鈍行電車は、登山を終えた客(歩きでの)が多くて
車両に汗の臭いが充満し(+ワキガ臭も)、とても辛い時間を過ごした・・。


そして、やっとミュンヘンに到着し、臭いからも解放された。


3日目 その5 ミュンヘン イケメンと美味しいディナー! の巻 へ続く

スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/20(木) 22:55:18|
  2. 名称未設定_1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<3日目 その3 ツークシュピッツェ チケットを失くし大慌ての巻 | ホーム | 3日目 その5 ミュンヘン イケメンと美味しいディナー!の巻>>

コメント

セレブなボートの大爆笑!!
それにしても素敵な景色ですね。(^_^;)

まるで一枚一枚が絵ハガキのようです。
  1. 2010/02/28(日) 20:49:55 |
  2. URL |
  3. 美智子 #-
  4. [ 編集 ]

** 美智子さん **

コメントありがとうございます。
それにしてもこのブログはコメントを書いたりするのが面倒ですね・・。
(すみません)

また綺麗な写真を一杯のっけますので、
楽しみにしててくださいね(^。^)
(出来るだけ早くこの旅行記を完成したいです)
  1. 2010/02/28(日) 22:54:59 |
  2. URL |
  3. aiyo #-
  4. [ 編集 ]

楽しい旅行記ですね

来年ガルミッシュパルテンキルヘンに行こうと思い調べていて、この旅行記に行き当たりました。
1枠2人乗りやチャータークルーズ等楽しく読ませて頂きました。
ミュンヘンから日帰りだったようですが、1日で十分でしたでしょうか?
山の上はトレッキングなど出来そうでしたでしょうか?
情報が少なく、教えて頂けると助かります。
宜しくお願いします。
  1. 2011/10/25(火) 19:50:58 |
  2. URL |
  3. マサ #-
  4. [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2011/10/29(土) 21:52:39 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://germanswiss.blog63.fc2.com/tb.php/11-37c0d45f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

AIYO

Author:AIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

- (0)
名称未設定_1 (15)
名称未設定_2 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。