ドイツ・スイス列車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4日目 その1 ミュンヘン→ザルツブルク 電車を降ろされ大ピンチ!!の巻

今日は昨日も購入した、「バイエルンチケット」という5人までなら28ユーロ(4,000円)を再度購入して
ちょっと遠出をして、オーストリアオーストリア国旗ザルツブルクまで行くことに。

バイエルンチケット」はバイエルン州の周遊切符なんですが、
隣国のザルツブルクまで行けるのです。手書き風シリーズ顔1
(通常に切符を買えば片道25.5ユーロ。2人で往復約14,000円手書き風シリーズ汗1になります)


ミュンヘン駅から9時47分発の電車電車に乗って11時41分にはザルツブルクに到着の予定。


2等の車内

今回の電車は鈍行といえども、とても綺麗ですいている。
このまま乗っているだけで、ザルツブルクに連れて行ってくれるのねうるうる


今回は旅行前に時間が無くて、ザルツブルクのガイドブックも買う間がなかったし、
ネットで調べる時間もなかったので、このザルツブルクだけは現地のツアーを申し込みました。

ザルツブルクコンビ半日観光

ここは1日観光と、半日観光あるのですが、時間的な都合で半日観光を申し込みました。
(一人50ユーロ(¥6,750 です))

集合時間は13時50分なので、この電車は11時41分に到着だから、
お昼をゆっくり食べて、参加できるわc001

さて、電車に乗ってしばらくして、とある駅に着いたら、えらく沢山の人が降りた。
あっというまに車両はガラガラに・・・。

そういえば、この駅に着く前にドイツ語で車内アナウンスがあったけど、
ドイツ語が分からない私達は、さっぱりかおまる

でも、まぁこの電車は「ザルツブルク」行きのはずだから
このまま乗ってても大丈夫よね・・・。不安ねこ

そうすると、車掌さんがやってきて、

車掌 「ここでこの電車は終わりです。ザルツブルクに行くならば
    向こうにある電車のどちらかに乗ってください」
    (実はこの時に車掌さんはBus(バス)と言ったのだと思うのですが
     発音が独特なので、私はBoth(両方)と理解してしまったのです)


と言った。

何がなんだかわからなくて、とりあえず一つ先のホームに止まっている電車に乗りに行く。

2つ電車が停車していたが、どれも行き先はザルツブルクにはなっていない・・。

まず一つ目の電車に乗って、おばあちゃんに

私 「これはザルツブルクに行くんですか?」

と聞くと、

ばあちゃん 「いかないわよ。これは○○行きよ」

と全く知らない駅名を言った。

隣のホームの電車の乗客に聞いても同じ回答・・・。


ちょっとー!!
私達はいったいどうしたらいいのさぁ(涙)
どうすれば、ザルツブルクにいけるのぉ。
皆がいっせいに降りたときに、ついていけば良かったよ・・・



とりあえず、また駅員さんに聞くことにした。
駅員さんはホームにはいなかったので、改札口まで行ってみました。

そうすると、駅員さんがやってきて

「ザルツブルクに行くなら、あそこに泊っているバスバスに乗ってください」

と言った。


えっ??
私は電車でいくつもりなのに、何故バスなの??

私「いや、電車で行きたいんです!!」

駅員「○△□○△□(英語の発音が独特でわからない・・)」

ドイツ語が出来ない私。
英語がいま一つの駅員。
意思の疎通がうまくできない・・・・。

暫く、押し問答していると、超イケメンお兄さんがやってきて

イケメン兄 「安心して。ザルツブルクにはこのバスで大丈夫だから」

と綺麗キラリな英語で説明してくれた。


もう、このイケメン兄さんがそういうなら、あなたの言葉を信じますうるうる

そしてあれほど渋っていたバスに、素直に乗りました。
(あのイケメン兄さんの言うことを聞いてれば間違いないはずよ←単純・・)


乗せられたバス

バスにはたくさんの人が乗っていました。

バスは行き先が書いていないし、やはり心配で前のおばさんに

私 「ザルツブルクにはこのバスでいいんですか?」

と聞くと(やはり心からは兄さんを信じてないあたし・・・)

おばさん 「私もザルツブルクに行くから、一緒のところで降りればいいわ」

と言ってくれた。


まぁ、とりあえずはザルツブルクには行けそうなので、一安心。
(ただ何時に到着するのかが問題)

私達を乗せたらすぐにバスは発車しました。


ザルツブルクに行ける事ははっきりしたので、バスの中から見る景色を堪能する。
(ドイツの田舎はは北海道の様な緑の農村地帯がほとんでです)

バスからの眺め

平原


バスからの眺め


やはり電車と違って、ゆっくりと街中や田園地域を走るので、
電車では味わえない、まったりとした時間を過ごす笑顔

このバスはところどころ停車して、その度にお客さんが降りたり、乗ったりしてたが
ザルツブルクに行くというおばさんは、まだ私達に合図しないので、おとなしく座って待つ。

そして30分ちょっと過ぎた頃に、ある駅にバスが到着し、バスの全員がおろされました。
おばさんも降りたので、安心して降りる。

「あら、もうザルツブルクに着いたのかしら?」

つれてこられた駅


しかし、ここはザルツブルクではなく、「roseheim(ローズハイム)」という駅。

ローズハイム駅

なんとここからまたもや電車に乗るらしい。

ここで、初めて事の次第がわかりました。

ローズハイム駅ミュンヘン駅と、ザルツブルクの間にある駅で、ミュンヘン駅ローズハイム駅の間が工事中なので
バスで代替輸送したという訳です。

ザルツブルク行きの表示

というわけで、11時36分発のザルツブルク行きに乗ることに。

この電車では、ザルツブルクに12時46分に到着するらしい。

当初の予定よりも1時間遅くなるので、向こうに着いてもレストランでお昼ご飯を食べる時間がないな・・。

rose1.jpg



ということで、駅のKIOSKでパンを買ってホームで食す。


まもなく電車がやってきて、一路ザルツブルク


4日目 その2 ザルツブルク 現地ツアーで巡るザルツブルク の巻 へ続く


スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/21(金) 17:37:47|
  2. 名称未設定_1
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3日目 その5 ミュンヘン イケメンと美味しいディナー!の巻 | ホーム | 4日目 その2 ザルツブルク 現地ツアーで巡るザルツブルク の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://germanswiss.blog63.fc2.com/tb.php/13-201c1dc7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

AIYO

Author:AIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

- (0)
名称未設定_1 (15)
名称未設定_2 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。