FC2ブログ

ドイツ・スイス列車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6日目 その1 フランクフルト → チューリッヒ スイスに足を踏み入れるの巻

今日はいよいよスイスに向かう。
今回はハイジの舞台になった村「マイエンフェルト」に3泊します。

マイエンフェルト」までは単純に移動時間だけで、新幹線と特急で5時間ちょっと。
2回乗り換えるので今日は移動で1日が終わる感じです。
(ハイジがフランクフルトから帰る時は2日かかったので、便利になったもんだ


8時50分発のICE(新幹線)に乗り、まずはバーゼルという街まで3時間の列車の旅。
今日は1等(グリーン車)のコンパートメント(個室)が開いているので、そこに座る。

この個室を二人で独占できるのは、本当に嬉しいわ
(日本は途中から空きの席に、誰かが乗ってくるかわかりませんが、ドイツの指定席は座席の横に
 この席はどの区間までが空きであるかが全部表示されてるから便利なのよ。
 なので、この個室の6席はバーゼルまでは誰も乗ってこないのがわかるのです

グリー車の車内

革張りシートでとっても快適


スイスの通貨はユーロではなく、スイスフランなのでお財布の中身をフランに入れ替えます。

時刻表とフラン

カラフルでかわいい。

スーパーで買った桃を食す。(小さいけど美味しい)

フルーツ


11時47分にバーゼルに到着しました。

バーゼルの駅

ここからはチューリッヒ(ZUERICH)に向けて乗り換えます。
ここからはフランスのTGV(新幹線)に乗ることになります。

どこのホームから乗り換えの電車に乗ればよいかを、駅の時刻表の張り紙をみて確認していると、
スイス人のおねえさんが


「これは到着時間の時刻表だから、出発時間の時刻表を見た方がいいわよ。
 どこに行くの?」


と声をかけてくれた。

「TGVでチューリッヒまで行きたいんです」

と言うと、一緒に調べてくれた。


なんて、スイスの人は優しいの!!


ドイツ人を悪くいうのは気が引けるが、人種的な性格なのか本当に不親切である。
まだ若者はそこまでないが、特に年配の人は顕著というか、自分達以外の人種を軽蔑している気さえする。

特にドイツは、フランスやイギリスとは違い植民地を持たなかったので、黒人なども少ない。

なので、異人種に対しての免疫も少ないせいか、今回の様に向こうから声をかけて助けてもらったのはザルツブルクに行くときの電車からバスに乗り換えるときに優しく英語で説明してくれたイケメン兄さんのみだ。
(今になって考えると彼はドイツ人じゃないのかも  すごい偏見

まぁドイツ人でもホテルや鉄道やお店の人は親切だったけどね。(私達がお客さんだから当然か

あ、若い人は声をかけるとわりと親切でした。
(でも、自分からは声をかけてくれる程はないけどね)



私は、結構外国は行ってきた。
それもほとんどフリー旅行なので、現地の人の親切さは本当に肌で感じることが多かった。

シカゴなんかは、「親切運動キャンペーン」かと思うくらい、ちょっとでも街中で立ち止まった瞬間にいろんな人が声をかけてきてくれた。


そうそう、一昨日にオーストリアのザルツブルクに行きましたが、そのときのガイドさんが

「悪いものは全て西から来る」


という格言がオーストリアにあると言ってました。


西というのは、もちろんドイツの事。

なんかわかる気がする・・・


まぁ、愚痴はこれくらいにして、スイス人のお姉さんに教えてもらったホームでTGVを待つ。

駅の標識

スイスのホームの案内板はとてもわかりやすいわ。
どこの車両が1等とかも表示してあるし。
上の写真の下の方にある緑が2等車、黄色が1等車、赤色が食堂車)

そしてTGVがやってきた。

TGV


このTGVは今ひとつ車内は綺麗でなかった。
(写真を撮り忘れたけど)

約1時間でチューリッヒ(ZURICH)に到着。

今日は日曜日なので、ヨーロッパはどこもお店は休み。

マイエンフェルトのような田舎にはお店も少ないだろうし、ましてや日曜日に営業しているお店があるはずがない。

ただこのチューリッヒの駅だけはスーパーなどは開いているらしいので、ここで飲物、フルーツ等、ランチ用のパンなどを調達する。


ここからマイエンフェルトまでは1時間ちょっとなので、チューリッヒ湖までブラブラとチューリヒの街を散策することに。

とりあえず、荷物をロッカーに入れることに。
なんと5スイスフラン(450円)もする。ご立派価格。

その後、旦那のおなかが痛くなってきたので、駅のお手洗いへ。
まぁトイレが有料なのわかっていましたが、男子トイレに1スイスフラン払って中に入ると
個室が見えるのに、柵があってその場所には入れない。

女子トイレに入口のいた見張り(?)のおばさんに、

「男子トイレの個室にはどう行けばよいのか」

と聞くと、個室のトイレは2スイスフラン必要で別の入口から入らないといけないらしい

トイレ


もう旦那は我慢が出来ないらしく、仕切りの柵を乗り越えて個室に入った。
(まぁ、はっきり言って不正行為

女性トイレも当然個室なのでもちろん2スイスフラン。
ドイツでは50セント(70円)位なのに、200円近くもかかるなんて、さすが世界一物価高スイス


無事、用も足して、チューリッヒの散策開始


6日目 その2 チューリッヒ チューリッヒ散策 の巻 へ続く
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/23(日) 12:47:02|
  2. 名称未設定_2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<5日目 その2 ミュンヘン → ニュルンベルク 古城の町を歩くの巻 | ホーム | 6日目 その2 チューリッヒ チューリッヒ散策の巻>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2016/05/13(金) 22:41:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://germanswiss.blog63.fc2.com/tb.php/19-610e34b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

AIYO

Author:AIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

- (0)
名称未設定_1 (15)
名称未設定_2 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。