FC2ブログ

ドイツ・スイス列車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6日目 その3 マイエンフェルト 山が燃えるマイエンフェルトの巻

今回宿泊するのは「スイス ハイジ(SWISS HEIDI)」というまさにハイジという名前のホテル。

今回の旅行の中では一番高級です。(それでも1泊13,800円


マイエンフェルトの駅

マイエンフェルト駅に到着すると、駅にホテルの案内板があったので迷うことなくホテルへ


ハイジホテル


部屋の中

ホテルも出来たばかりなのでとても綺麗。

部屋も液晶テレビなどもあって、とてもモダンな感じでした。


尚且つ、アルムの山側の部屋を準備してくれたので、部屋からの眺めも最高。

部屋からの眺め

さてと、ちょっとここで一息ついて、コーヒーでもとMy海外用電熱ポットの電源を差し込もうとしたら・・・。



きゃぁぁ。


電源プラグの形が違うし・・・。




海外用の電源プラグは持ってきてたんだけど、ドイツでは必要なかったので
スーツケースに入れたままにしてて、そのまま今朝、フランクフルトのホテルに預けちゃった


100歩譲って、お湯が沸かないくらいは全然大丈夫なの。



ただ、デジカメの電池の充電ができないのよ・・。



幸い、今朝満タンに充電したけど、スイスの3日間もてるのだろうか・・・・。


まぁ、悩んでもしょうがないので、ホテルのレストランに夕食に行く。

テラス

しかし、このホテルのレストランは軽食しかおいてないらしく、結局ビールとピザとサラダで夕飯

テラスで軽食


アルムの山を眺めながらテラスで食事をしていると、だんだんと日が沈んできた。

そうすると・・・。

山が燃えている


山が燃えている・・。

おじいさん。山が燃えているわ。
   あんた何者?

アルムの山が真っ赤にそまって、感動的だった。

この山が赤く鮮やかに照らされる時間はほんの少しで、あっという間に色彩のない状態にかわり、そして日が暮れた。


1日の終わりに山が

「忘れないで



と言っているみたいだった。
(この台詞はオンジの台詞のパクリ)


長い1日が終わった。



7日目 その1 ベルニナ急行の旅 電車でイタリアまで 編 に続く
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/23(日) 22:10:21|
  2. 名称未設定_2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6日目 その2 チューリッヒ チューリッヒ散策の巻 | ホーム | 7日目 その1 ベルニナ急行の旅 前編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://germanswiss.blog63.fc2.com/tb.php/21-b137ec1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

AIYO

Author:AIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

- (0)
名称未設定_1 (15)
名称未設定_2 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。