ドイツ・スイス列車の旅

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2日目 その2 ウルム 大聖堂の階段768段登るの巻

教会から出ると、何人かの人が別のドアに入っていく。

4ユーロ払うと、この教会の塔に登れるとのこと。

エレベーター??

いえいえ。768段の階段でございます・・。


私はためらったが、旦那は登るとのことで、しょうがなし付き合う・・。かお


登り始めると、無茶苦茶狭い螺旋(らせん)階段。

降りてくる人とすれ違うのも大変汗

壁に張り付いた形で避ける ひゃっほぅ

これだけきつい階段だから、途中脱落組がどんどん降りてくる手書き風シリーズ矢印下
特に現地の人は肥満の方が多いので、本当にすれ違うのに一苦労。
(後で聞くと、実は階段は一方通行で降りてくる人のほとんどが挫折組らしい)


しかし、本当に狭くて、きつい階段。
私も息があがるあがるかお

所々にある窓から、外を見て気分転換し、酸素も思い切り吸う。

途中からの眺め

おぉ。だいぶん上がってきましたよ。

目指す頂上は、143メートル
福岡タワーの展望室(123メートル)よりも高いし、
ちょうど東京タワーの展望室(145メートル)とだいたい同じ高さである。
(でも、こっちのほうが階段狭いし、急だし、目の回る螺旋階段だし、絶対きついと思うえーん


そして・・。

そして・・・。

そして・・・。

30分かかって到着しましたナイス


てっぺんからの眺め

はぁぁ うわぁ・・・ 絶景だわ!!

でも、鉄格子からの写真で申し訳ない汗

というのも、頂点は、幅が50センチ位の道(?)が10メートルちょっとの
狭い場所で、人とすれ違うことも出来ないし、定員4,5人がいいところ。

景色を見たら、すぐに降りないといけない雰囲気で、写真もソコソコに下ることにしました手書き風シリーズ汗1


狭い階段

この階段を下ります。
幅は70センチ位かな?(特に頂上用の階段は狭いのよ)

ここの階段は上層に行くほど狭くなって、所々上り下りと分けられています。
ただ、このてっぺんの階段は上り下り共通階段なので、
途中で人とすれ違わないことを祈り、下ることにする。

降りるときは、ひざが笑ってガクガク絵文字名を入力してくださいして少し恐かったです。


無事地上におりてきて、教会の周りをぶらぶら。

市場

教会の前では市場がたってました。
ここで買ったトマトは本当に美味しかったぁ。

20090819101.jpg

手前が市庁舎、奥はさっき登った大聖堂。

お腹がすいたので、カフェで遅いランチ

20090819102.jpg


ただちょっと寄り道するつもりが、けっこうゆっくりしてしまった。
そこまで知られてない街だけど、とても気に入った街でした。


そして、PM3時位の新幹線(ICE)でミュンヘンに向かう。



2日目 その3 ウルム→ミュンヘン の巻 へ続く




スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

  1. 2009/08/19(水) 22:27:42|
  2. 名称未設定_1
  3. | コメント:0
<<2日目 その1 フランクフルト→ウルム  パイプオルガンに感動の巻 | ホーム | 2日目 その3 ウルム→ミュンヘン の巻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

AIYO

Author:AIYO
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

- (0)
名称未設定_1 (15)
名称未設定_2 (8)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。